top of page

僕のサーフィン体験記 vol.3


海の近くに引っ越す機会が来た、当時16歳。

もちろん親の意思で、僕にサーフィンがやりたいとかそういうのは全くなかった。


でも引っ越すと僕は自転車にまたがり、サーフボードにワックスもしっかり塗って

波乗りに繰り出した。


ワクワクした。

ワクワクして行ったけど、テケテケのサーファーに狭いピークで波を取り合うローカルと思われる先輩サーファーたちは厳しかった。

「へい!」だの

「フォー!」だの

邪魔だと合図を送られながらも通った。

夏休み、他にやることはたいしてなかった。


道中にあったサーフショップのお兄さんが海の行きと帰りに挨拶をしてくれた、それがとても心地よかった。

「おはよう、波はどうだった?」

サーファーの仲間入りが出来たと感じた。


長髪にタトゥーの入った先輩たち、車高を少し落としたセドリックワゴンの後部座席は片側のみ倒してフラットにしトランクからサーフボードを突っ込む。

それらは家と学校だけで多くの時間を過ごしていた僕にはとても格好良かった。


サーフショップのお兄さんはマコさんと言ってとても優しい目をした人だった、僕が海であった厳しい先輩たちからの仕打ちを言うと

「わかってねえな〜」

と返された。


「広い海で、遠くから少しづつくるんだよ、風が吹いたり色々ありながら、

やっと来た波、みんな乗りたいじゃん?待ってたんだよみんな。お前ちゃんと乗れんの?

大事にしてあげろよ、他の人が乗る瞬間も、自分が乗る瞬間も。」







最新記事

すべて表示

僕のサーフィン体験記 vol.2 

「WAXを塗る」 今の時代なら、Youtubeでもgoogleでも当たり前に情報が手に入る世の中だから、WAXを塗らずに海に入ったりするなんてとても馬鹿げてるように聞こえる。 でもあの頃は色々な''当たり前''?が無いサーファー?がたくさんいた。 フィンが逆向きだったり、むしろついてなかったり、サーフボードに逆向きに乗ってたり。 特に良い先輩やコミュニティに巡り合ってなければ、傍目でもわかるくら

僕のサーフィン体験記 vol.1

記憶にある初めてのサーフィンはおそらく1999年頃僕が15歳の頃、当時付き合っていた彼女とバスで真夏の大磯海岸へ。 海用のトランクスにアロハシャツ、ビーチに敷くラグも持って海を楽しむ気満々。 離婚して離れて暮らしていた親父に頼んで譲ってもらったコスミックエネルギー(今はない鎌倉のサーフショップ)のボードが僕の最初の相棒だった。 うろ覚えだけれど、腹くらい波はあったんじゃないかと思う。 オレンジとブ

Comments


bottom of page