top of page

僕のサーフィン体験記 vol.2 


「WAXを塗る」 今の時代なら、Youtubeでもgoogleでも当たり前に情報が手に入る世の中だから、WAXを塗らずに海に入ったりするなんてとても馬鹿げてるように聞こえる。 でもあの頃は色々な''当たり前''?が無いサーファー?がたくさんいた。

フィンが逆向きだったり、むしろついてなかったり、サーフボードに逆向きに乗ってたり。

特に良い先輩やコミュニティに巡り合ってなければ、傍目でもわかるくらい「わかってない」感じに仕上がっていた。


なにしろ僕は初めてのWAX購入に近所のサーフショップへ行った。

そこは当時にしては大きい方の立派なサーフショップで、たくさんのWAXが色とりどりのパッケージにずらっと陳列されていた。

「どう違うんですか?」

と聞く僕は当時15か16歳、金髪にアロハシャツで彼女連れの姿が鼻についたのか

「全部一緒です。」

と20前後の店員が鼻で笑いながら言った。



「こんな店二度と来ねえ!」

そう思いながらも見覚えのある「SEXWAX」を適当に一つとり初めてのサーフショップを後にした。

WAXを見よう見まね、覚えてる感じでゴリゴリ塗るとサーフボードはまるで生まれ変わり、僕もツルツル滑ることなくパドルもサーフィンライフも進み出した。

・・なんて簡単にはいかない。


海から遠かった僕はバスで1,2回行っただけでその年を終えた。

「サーフィン?もちろんやったことあるよ!」

海では何度も巻かれ、波に乗れたかなんか覚えてない。

ただサーフィンに行ったというそのステータスを手に入れただけで十分だったのかもしれないし、少なくともサーフィンの楽しさは経験できていない。


きっとサーフショップのスタッフはそれを見透かした態度を取っていたのだと思う。

こいつ、''わかってねえな''と。

最新記事

すべて表示

僕のサーフィン体験記 vol.3

海の近くに引っ越す機会が来た、当時16歳。 もちろん親の意思で、僕にサーフィンがやりたいとかそういうのは全くなかった。 でも引っ越すと僕は自転車にまたがり、サーフボードにワックスもしっかり塗って 波乗りに繰り出した。 ワクワクした。 ワクワクして行ったけど、テケテケのサーファーに狭いピークで波を取り合うローカルと思われる先輩サーファーたちは厳しかった。 「へい!」だの 「フォー!」だの 邪魔だと合

僕のサーフィン体験記 vol.1

記憶にある初めてのサーフィンはおそらく1999年頃僕が15歳の頃、当時付き合っていた彼女とバスで真夏の大磯海岸へ。 海用のトランクスにアロハシャツ、ビーチに敷くラグも持って海を楽しむ気満々。 離婚して離れて暮らしていた親父に頼んで譲ってもらったコスミックエネルギー(今はない鎌倉のサーフショップ)のボードが僕の最初の相棒だった。 うろ覚えだけれど、腹くらい波はあったんじゃないかと思う。 オレンジとブ

Comments


bottom of page